【2024年最新】SEOとは?

【2024年最新】 SEOとは?
8つの基本施策

更新日:2024年07月16日

現代のSEOは年々複雑化してきており、単純な内部SEO施策によって最適化するだけでは順位の上昇や維持は図れなくなりました。検索エンジン最大手のGoogleはAIの導入により、よりユーザーの意図に近い検索結果を表示するようになり、本来のサイト運営の基本である「コンテンツの充実」を求められています。

またその歴史の中で、Google検索エンジンの登場と、さまざまなアップデートがSEO対策に大きな影響を及ぼしてきました。これらのアップデートは、サイトのコンテンツ品質、ユーザーエクスペリエンス、モバイルフレンドリー性など、SEO対策の重要な要素に焦点を当てています。

ここで一度基本に立ち返ってみて、 Webマーケティングにおいて必須であるSEOについて学んでいきましょう。SEO対策の基本は、適切なキーワードの選定、質の高いコンテンツの作成、内部リンクの最適化、ページ速度の向上などです。これらを組み合わせて実践することで、検索エンジンに評価されやすいサイトを作り上げることができます。

このように、現代のSEO対策は単なる技術的な施策だけでなく、包括的なマーケティング戦略の一部として捉えることができます。SEOの基本を理解し、実践することで、ウェブサイトのパフォーマンスを向上させ、ビジネスの成功につなげることができるでしょう。

SEOとは?

Webマーケティング施策のひとつである「SEO(エスイーオー)」は、Search Engine Optimization(サーチ・エンジン・オプティマイゼーション)の頭文字をとった略語です。日本語では「検索エンジン最適化」を意味します。

SEOは、ウェブサイトが検索結果に多く表示されるように行う施策全般を指します。例えばGoogleの検索エンジンでキーワード検索をされた際に、上位に表示されるようにする取り組みです。

これらの取り組みには、検索エンジンがウェブサイトを理解しやすくするために行う「内部SEO対策」や、第三者の評価を得るために被リンクを受ける「外部SEO対策」、検索キーワードに適したページを作成する「コンテンツSEO」などの対策があげられます。

1.SEOとは?

一般的に、多くのユーザーが自ら商品やサービスを探してウェブサイトへたどり着きます。そのため、特定のキーワードの検索結果からのサイト流入はコンバージョンにつながりやすい傾向にあります。

また、SEOは「SEM(エスイーエム)」Search Engine Marketing(サーチ・エンジン・マーケティング)の一部で、検索エンジン上で行うマーケティング施策の一つであり、その中には「リスティング広告」も含まれます。

SEO対策とは?

「SEO対策」とは、Googleをはじめとする検索エンジンの検索結果に上位表示をさせて流入数を増やしたり、コンバージョン(CV)数を増やすために実施する一連の技術的取り組みのことを指します。

この「検索エンジンの検索結果に上位表示させる」には、検索ユーザーの求める価値のあるコンテンツを提供することが基本です。この「価値のあるコンテンツ」を、検索エンジンに正しく評価されるようにウェブページを改善することがSEO対策です。

前述した「内部SEO対策」「外部SEO対策」「コンテンツSEO」の各項目に対して適切な対策をすることによって、検索エンジンが総合的に評価して順位を決める仕組みです。

検索エンジンは、AIの導入により年々大幅に能力がアップしています。ウェブサイトの文章を人間と同じように理解し、ユーザーが求める情報の価値をより正確に評価することが可能になっています。これにより、単純なキーワードの羅列や過度なSEO対策だけでは、検索結果の上位に表示されることが難しくなっています。

SEO対策の種類とは?

SEO施策は、大きく分類すると「内部SEO対策」「外部SEO対策」「コンテンツSEO」の3つにわかれます。

SEO対策の種類とは?

最も重要なのは「コンテンツSEO」ですが、内部SEO対策に含まれる「ページエクスペリエンス最適化」も必須要素です。

ページエクスペリエンス最適化(Page Experience Optimization)は、ウェブサイトのユーザーエクスペリエンス(UX)を向上させるための技術や戦略で、ユーザーがウェブサイトを使いやすく感じ、満足度が高まるようにするための施策を含んでいます。これらの施策は、内部SEOの一部として、検索エンジンの評価を高め、ランキングを向上させるために不可欠です。

ページエクスペリエンスの施策としては、コアウェブバイタル(Core Web Vitals)、モバイルフレンドリー化、安全なブラウジング、HTTPS化、侵入型インタースティシャルの回避などがあげられます。

SEO対策のメリットとデメリットとは?

SEO対策には、もちろんメリット、デメリットがあります。あらかじめ知っておくことで、実際にSEO対策に取り組む上で役立ちます。SEO対策のメリットは数多くありますが、その一方でいくつかのデメリットも存在するため、バランスの取れたアプローチが必要です。

SEO対策の5つのメリット

① 検索エンジンからのトラフィックの増加

SEO対策の最大のメリットは、検索エンジンの検索結果ページで上位にランクインすることで、オーガニックなトラフィックが増加することです。上位に表示されることで、より多くのユーザーにサイトが見つけられやすくなり、訪問者数が増加します。広告費をかけずに持続的なトラフィックを得ることができます。

検索エンジンからのトラフィックの増加

② ブランドの信頼性と認知度の向上

ユーザーは検索エンジンの上位に表示されるサイトを信頼する傾向があるため、SEO対策によってサイトの信頼性が向上し、ブランド認知度も高まります。信頼されるブランドとしての地位を確立することで、リピーターや顧客の獲得に繋がります。

③ ユーザーエクスペリエンス(UX)の向上

SEO対策はユーザーエクスペリエンスの向上にも寄与します。ページの読み込み速度を改善し、モバイルフレンドリーなデザインを採用することで、ユーザーが快適にサイトを利用できるようになります。使いやすいナビゲーションや質の高いコンテンツを提供することで、ユーザーの滞在時間が延び、直帰率が低下します。

④ 競争優位性の獲得

競合他社もSEO対策を行っている中で、自社のサイトが上位に表示されることで競争優位性を獲得できます。特定のキーワードで上位にランクインすることで、ターゲット市場において他社よりも優位に立つことができます。競合が多い分野でのSEO対策は、ビジネスの成長に不可欠です。

⑤ 長期的なコスト効果

SEO対策は初期投資が必要ですが、一度効果が出始めると長期的なコスト効果が期待できます。広告とは異なり、持続的にトラフィックを得ることができるため、長期的な視点で見るとコストパフォーマンスが非常に高いです。SEO対策を継続することで、広告費を削減しながら、安定したトラフィックを維持することができます。

長期的なコスト効果

SEO対策のデメリット

① 成果が生じるまでに時間がかかる

SEO対策の最大のデメリットは、効果が出るまでに時間がかかることです。Googleで公式に発表されている期間は「通常は4ヶ月から1年」です。この間はGoogle検索の基本事項や、「検索エンジン最適化(SEO)スターターガイド」に準拠し、コンテンツの充実や内部施策など、上位表示を目指しての地道なSEOへの取り組みが必要です。

② ガイドライン違反などでペナルティを受けるリスクがある

SEO対策には正しい知識が必要です。例えば、自社ドメインや他のサイトからコピーしただけの低品質なコンテンツを量産したり、キーワードを闇雲に盛り込むといった施策などです。間違った施策によってGoogleからペナルティを受けてしまうと、それまで積み上げた実績までも失うリスクがあります。

③ アルゴリズムアップデートにより順位が落ちる恐れがある

検索エンジン最大手のGoogleは、サイトを評価するアルゴリズムを定期的にアップデートしています。大規模なアップデートが行われた時には、上位表示されていたキーワードの順位が急に落ちることもあります。
アルゴリズムのアップデートは通常2週間程度で完了します。この間は順位の変動が大きくなることが多いですが、ユーザーにとって有益なコンテンツを提供できていれば、いずれ順位は落ち着きます。

ただし、アップデートの内容によっては対策できることもあるかもしれませんので、アップデートの情報には注意する必要があります。

過去のアルゴリズムアップデートについて詳しく知りたい方はこちら

検索順位が決まる仕組みとは?

GoogleやYahoo!などの検索エンジンで順位を決める仕組みには、検索エンジンのクロールと、インデックス、検索結果の表示の3つの要素があります。

クロール(Crawling)

検索エンジンのクローラー(ボット)は、インターネット上のウェブページを自動的に巡回し、コンテンツを収集します。このプロセスでは、新しいページの発見や既存ページの更新情報の収集が行われます。クローラーはリンクをたどってウェブ全体を探索し、サイトの構造や内容を把握します。効果的なSEO対策の一環として、サイトマップの作成や内部リンクの最適化を行うことで、クローラーがサイトをより効率的にクロールできるようにすることが大切です。

クローラーとは?

インデックス(Indexing)

クローラーによって収集された情報は、検索エンジンのインデックスデータベースに保存されます。インデックス化の過程では、ページの内容が解析され、キーワードやメタデータ、画像、動画などの情報が整理されます。SEO対策として、適切なメタタグや構造化データを使用し、ページの内容を検索エンジンに正確に伝えることが肝心です。また、重複コンテンツを避け、ユニークで価値のあるコンテンツを提供することも効果的です。

検索結果の表示(Ranking and Displaying Results)

ユーザーが検索クエリを入力すると、検索エンジンはインデックスデータベースを照会し、最も関連性の高いページを選び出します。この際、アルゴリズムが使用され、ページの関連性、品質、権威性、ユーザーエクスペリエンスなどの多くの要素が考慮されます。これに基づいて、検索結果の順位が決定され、ユーザーに表示されます。効果的なSEO対策には、高品質なコンテンツの作成、ページの読み込み速度の最適化、モバイルフレンドリーなデザイン、そして外部リンクの獲得が含まれます。
検索エンジンのアルゴリズムは非常に複雑で、定期的に更新されます。これにより、ユーザーがより関連性の高い情報にアクセスできるようにする一方で、ウェブサイトの運営者は常に最新のSEO対策を講じる必要があります。これには、ページエクスペリエンスの最適化や、高品質なコンテンツの提供、適切なキーワードの使用、内部リンクの構造化などが含まれます。

これらの要素が組み合わさることで、検索エンジンはユーザーにとって最も有益で関連性の高い情報を提供し、ユーザーエクスペリエンスを向上させることができます。SEO対策を継続的に行うことで、ウェブサイトの検索順位が向上し、より多くのオーガニックトラフィックを獲得することが可能となります。

SEO対策に必要なGoogleの考え方とは?

Googleでは、理想とする考え方をガイドラインとして公開しています。SEOとは、この「Googleの考え方」を理解して、理想のコンテンツに近づけていくことに他なりません。それには検索ユーザーの検索意図を理解することも含まれています。

Googleが掲げる10の事実

Googleは、企業理念を示すために「Googleが掲げる10の事実」("Ten things we know to be true")を公表しています。これらの原則は、SEOの観点からも重要です。Google設立後に策定されたこのガイドラインは、今も変わることなくGoogle検索エンジンの理想として掲げられています。
引用:Googleが掲げる10の事実

Googleが掲げる10の事実

1. ユーザーに焦点を当てれば、他のものはみな後からついてくる

SEOの最も重要な対策は、ユーザーの利益を最優先に考えることです。Googleはユーザーエクスペリエンスを重視しており、使いやすさや信頼性を高めるコンテンツが評価されます。

2. 1つのことをとことん極めてうまくやることが重要です

特定の分野で卓越した情報を提供することは、SEO対策においても有効です。Googleは検索技術に集中することで、ユーザーに高品質な検索結果を提供しています。

3. 遅いより速いほうがいい

ページの読み込み速度はSEOにおいて重要な要素です。Googleは検索結果の表示速度を重視しており、サイトの速度を改善することがSEO対策の一環として求められます。

4. ウェブ上の民主主義は機能する

SEO対策では、他のウェブサイトからのリンク(バックリンク)が重要です。GoogleのPageRankアルゴリズムはリンクの数と質に基づいてページの重要性を評価するため、信頼性のあるサイトからのリンク獲得が重要です。

5. 情報を探したくなるのはコンピュータだけではない

モバイルフレンドリーなサイトの構築はSEO対策の一環です。Googleは検索技術をさまざまなプラットフォームやデバイスに拡張しているため、モバイルデバイスからのアクセスに対応したサイトが評価されます。

6. 悪事を働かなくてもお金は稼げる

Googleのモットー「Don’t be evil」(悪事を働かない)は、SEO対策にも通じます。ブラックハットSEO手法を避け、倫理的な方法でサイトの評価を高めることが推奨されます。

7. 世の中にはまだまだ情報があふれている

コンテンツの質と量はSEO対策の重要な要素です。Googleは情報の整理とアクセスを使命としており、質の高いコンテンツを提供することでSEO効果を高めることができます。

8. 情報のニーズはすべての国境を越える

多言語対応や地域別のSEO対策は、グローバルなユーザーに対応するために重要です。Googleは世界中のユーザーに対応した検索エクスペリエンスを提供しています。

9. スーツがなくても真剣に仕事はできる

リラックスした環境でのクリエイティブな発想は、コンテンツ制作にも影響します。Googleの文化は革新と創造性を促進し、結果的にSEO対策においても質の高いコンテンツを生み出します。

10. 「すばらしい」では足りない

SEO対策においても、常に改善を追求する姿勢が求められます。Googleは現状に満足せず、常に新しい技術や方法を模索し、サービスの向上を目指しています。

これらの原則は、Googleのビジネス戦略や製品開発において根幹を成しており、SEO対策においても指針となるべき重要な考え方です。

E - E - A - T はGoogleが最も重要視する評価基準

Googleの定めている「検索品質評価ガイドライン(General Guidelines)」の中でE-E-A-Tを重要視しています。
E-E-A-Tは、Googleの品質評価ガイドラインで重視されている4つの要素を指します。これらはウェブサイトやコンテンツの信頼性と品質を評価するために用いられます。

E-E-A-TはGoogleが最も重要視する評価基準

Expertise(専門性)

コンテンツが専門知識を持つ人によって作成されているかどうかを評価します。特に専門性が求められる分野(医療、法律、金融など)では、執筆者の資格や経験が重要です。
例:健康に関する記事の場合、医師や栄養士などの専門家が執筆していると高く評価されます。

Authoritativeness(権威性)

コンテンツやウェブサイトが信頼できる情報源として認められているかどうかを評価します。これは、その分野における評判や信頼性、引用される頻度などに基づきます。
例:学術的な引用やリンクが多いサイトや、業界で有名な機関が運営しているサイトが該当します。

Trustworthiness(信頼性)

コンテンツやウェブサイトがユーザーにとって信頼できるものであるかどうかを評価します。正確で公正な情報提供、透明性のある運営が必須です。
例:プライバシーポリシーや連絡先情報が明確に記載されているサイト、レビューやフィードバックに対して適切に対応しているサイトが高く評価されます。

Experience(経験)

これは最近加えられた要素で、コンテンツ作成者が実際にそのトピックに関する実務経験や実践的な知識を持っているかを評価します。実体験に基づいたコンテンツがユーザーにとって有益であると見なされます。
例:旅行ガイドでは、実際にその場所を訪れた経験者によるレビューや体験談が信頼性を高めます。

これらの要素を総合的に評価することで、Googleは高品質なコンテンツを上位に表示し、ユーザーにとって有益な情報を提供しようとしています。SEO対策においても、E-E-A-Tを意識したコンテンツ作成が必要です。

YMYLはE - E - A - Tを満たすことが必須条件

YMYL(Your Money or Your Life)は、Googleが品質評価ガイドラインで特に重視しているカテゴリーの1つです。YMYLとは、ユーザーの健康、安全、経済的な幸福に直接関わる情報を提供するウェブページやコンテンツを指します。これらの情報には、医療情報、金融情報、法的情報などが含まれます。

YMYLはE-E-A-Tを満たすことが必須条件

YMYLに分類されるコンテンツは、E-E-A-T(専門性、権威性、信頼性、経験)の要素を満たすことが大切です。なぜなら、ユーザーが健康や経済に関する重要な意思決定を行う際に、信頼性の高い情報にアクセスする必要があるからです。

具体的には、YMYLのコンテンツは以下のような要素を満たす必要があります。

Expertise(専門性)

医療、金融、法律などの分野において、専門的な知識を持った執筆者や編集者によって作成されていることが重要です。これは、SEOの観点からも重要であり、専門性を持ったコンテンツが検索エンジン結果ページでのランキングを向上させる助けとなります。

Authoritativeness(権威性)

医師、弁護士、金融アドバイザーなどの専門家や、信頼できる機関や組織によって作成された情報であることが重要です。このような権威ある情報源からのコンテンツは、SEO対策においても信頼性を高め、検索エンジンのランキングでの位置を向上させます。

Trustworthiness(信頼性)

プライバシーポリシーやセキュリティ対策、情報の正確性や公平性などが適切に保たれていることが求められます。信頼性の高いコンテンツは、SEO対策においてもユーザーの信頼を得るために必要です。

Experience(経験)

健康、金融、法律などの分野において、実務経験や実践的な知識を持った執筆者によって作成されていることが望まれます。このような経験豊富なコンテンツは、SEO対策においてもユーザーの関心を引きつけ、サイトの評判を高める助けとなります。

YMYLのコンテンツがE-E-A-Tの要件を満たしていない場合、ユーザーに誤った情報を提供するリスクが高まります。そのため、GoogleはYMYLのコンテンツに対して特に厳格な品質評価を行い、SEO対策においてもE-E-A-Tを満たすことが必須条件として位置付けています。

不正リンクとサーチクオリティチーム

不正リンクとは、ウェブページのランキングを不当に上げるために、不自然な方法で大量のリンクを獲得することを指します。例えば、リンクの売買、リンク農場(リンクファーム)の利用、スパムサイトへのリンク投稿などが挙げられます。これらの不正なリンク構築は、かつてはSEOの手法の一つとして機能していましたが、Googleのアルゴリズムの進化により、不正リンクは検出されやすくなり、逆にペナルティを受けることがあります。

不正リンクとサーチクオリティチーム

Googleのサーチクオリティチームは、検索結果の品質を維持し、不正なSEO手法や低品質なコンテンツを検出し、対処するために設立されたチームです。このチームは、不正リンクやその他の検索品質に影響を与える要因を監視し、検出するためのアルゴリズムを開発・改善しています。サーチクオリティチームは、検索エンジンの利用者にとって最適な検索結果を提供することを目指しており、そのためにSEOの不正手法に対抗するための対策を講じています。

具体的な対策としては、Googleは不正リンクを検出し、その影響を最小限に抑えるためにさまざまな手段を用いています。例えば、不正リンクを持つサイトへのペナルティ、不正リンクを無視するアルゴリズムの導入、Webマスターツールを通じたリンクの報告機能などがあります。また、Googleは検索品質を向上させるために、コンテンツの品質やユーザーエクスペリエンスに重点を置くことを推奨しており、適切なSEO戦略の採用が必要です。

SEO対策としては、不正リンクや低品質なコンテンツを避け、ウェブサイトやコンテンツの品質を向上させることが重要です。適切なキーワード選定、ユーザーエクスペリエンスの向上、高品質なコンテンツの提供、ウェブサイトの技術的な最適化などが、Googleのアルゴリズムに対抗し、検索エンジンでのランキングを向上させるための有効な対策となります。

スパムレポートフォーム」からも不審なリンクの情報が寄せられるように整備しています。

上位表示するために必要な8つのSEO施策とは?

5.上位表示するために必要な8つのSEO施策とは?

Googleの考え方を踏まえた上で、実際にSEO対策に取り組んでいきましょう。「内部対策」「外部対策」「コンテンツ制作」の3つの項目をさらに8つに分類してひとつずつご紹介していきます。

1.検索キーワードを選定する7つの方法

検索キーワードの選定は、SEO戦略の基礎となる重要なステップです。適切なキーワードを選定することで、ターゲットユーザーが検索するであろうクエリに対して最適化されたコンテンツを提供し、検索エンジンでのランキングを向上させることができます。その手順は以下になります。

① ビジネスやウェブサイトの目標を明確にする

SEO対策の第一歩は、ビジネスやウェブサイトの目標を明確にすることです。SEOを通じて何を達成したいのか、どのようなキーワードで検索されることが重要なのかを把握しましょう。

② ターゲットを設定する

SEOの効果を最大限に発揮するためには、ターゲットを正確に特定することが重要です。SEO対策は、ターゲットユーザーが検索するであろうキーワードに合わせてコンテンツを最適化することを目指しています。

③ 競合分析を行う

SEO対策においては、競合他社がどのようなキーワードをターゲットとしているかを把握することも重要です。競合分析を通じて、自社のウェブサイトにおける戦略的なキーワード選定が可能となります。

④ キーワードの種類を理解する

SEO対策では、ビッグキーワードとロングテールキーワードの両方を活用することが重要です。ビッグキーワードはより一般的で競争が激しいですが、ミドルキーワードやスモールキーワードなどのロングテールキーワードはより具体的なニーズに応えることができます。

⑤ キーワードの関連性と検索ボリュームを評価する

SEOの成功には、選定したキーワードがビジネスやウェブサイトの目標と関連性があり、かつ検索ボリュームがあることが不可欠です。適切なキーワード選定は、SEO対策の基本的な要素の一つです。

⑥ キーワードの競争度を分析する

SEO対策では、選定したキーワードの競争度を適切に分析し、競合との差別化を図ることが重要です。競争が激しいキーワードよりも、長期的な戦略として競争が少ないキーワードにフォーカスすることが推奨されます。

⑦ キーワードの選定とプライオリティ付け

最後に、SEO対策のためのキーワードリストを作成し、優先順位付けを行います。ビジネスやウェブサイトの目標に合致し、かつ検索ボリュームがあり競争度が適度なキーワードを選定することが重要です。SEO対策は、効果的なキーワード選定から始まるのです。

2.内部リンクを最適化する5つの方法

自社サイト内の関連するページを繋ぐリンクのことを「内部リンク」と言います。
Googleは、かねてよりリンク構造を順位決定の重要な評価対象としています。サイト内の内部リンク構造の最適化にはいくつかポイントがあります。

① キーワードを含むアンカーテキストを使用する

内部リンクのアンカーテキスト(クリック可能なテキスト)には、関連するキーワードを使用することが重要です。これにより、検索エンジンはリンク先のページのテーマや内容を理解しやすくなり、ユーザーにも関連性が高いコンテンツへの導線が提供されます。

② 関連性の高いページ同士をリンクさせる

内部リンクは、関連性の高いページ同士を結びつけるために活用されるべきです。例えば、特定のトピックに関連するページ同士を相互にリンクさせることで、ユーザーが関連情報に簡単にアクセスできるようになり、SEOにもプラスの影響を与えます。

③ 階層構造を考慮する

ウェブサイトの階層構造を理解し、内部リンクを適切に配置することも重要です。重要なページやカテゴリは、トップレベルのページに近い位置に配置し、内部リンクでそれらのページにアクセスしやすくすることで、検索エンジンのクローリング効率を向上させます。

④ 適切なアンカーテキストの多様性を確保する

内部リンクのアンカーテキストは、適切なキーワードを含むことが重要ですが、常に同じキーワードを使用するのではなく、キーワードのバリエーションや関連キーワードを使うことも効果的です。これにより、ページの自然なリンクプロファイルを構築し、SEOにプラスの影響を与えます。

⑤ 不要なリンクを削除する

ウェブサイト内に不要な内部リンクがある場合は、これらのリンクを削除することで、クローラーが重要なページにより注目することができるようになります。また、ページ間の関連性を明確にするために、内部リンクの整理を定期的に行うことが重要です。

以上が、内部リンクの最適化に関する基本的な手法です。これらの手法を適用することで、ウェブサイト全体の構造を最適化し、検索エンジンでのランキング向上に貢献します。

3.3大エリアを最適化する

上位表示に効果のあるSEOの一つとして3大エリアの最適化が挙げられます。3大エリアとは「タイトルタグ」「メタディスクリプション」「H1(エイチワン)タグ」の3エリアです。ここでは、3大エリアの最適化方法をそれぞれ解説します。

3大エリアとは?

① タイトルタグ(Title Tag)

タイトルタグは、ウェブページのタイトルを定義するHTML要素です。検索エンジン結果ページ(SERP)に表示されるページのタイトルとしても使用されます。
タイトルタグはページのコンテンツを要約し、検索ユーザーにページの内容を理解させる役割を果たします。そのため、適切なキーワードを含み、ユーザーにとって魅力的で興味を引くようなタイトルを作成することが重要です。
タイトルタグはページの重要性を示す上で欠かせない要素であり、適切なタイトルタグを使用することで、検索エンジンのランキング向上に寄与します。

② メタディスクリプション(Meta Description)

メタディスクリプションは、ウェブページの内容を簡潔に要約したHTML要素です。検索エンジン結果ページ(SERP)に表示されるページの説明文として使用されます。
メタディスクリプションは、ユーザーに対してページの内容や利点を説明し、クリックを促す役割を果たします。そのため、具体的で魅力的な内容を記述し、キーワードを含めることで、ユーザーの関心を引くようなメタディスクリプションを作成することが重要です。
メタディスクリプションは検索エンジンのアルゴリズムによって直接的なランキング要因ではありませんが、クリックスルー率(CTR)に影響を与えるため、間接的にSEOに影響を与えます。

③ H1(エイチワン)タグ

H1タグは、ウェブページの主要な見出しを定義するHTML要素です。ページのタイトルや重要なセクションの見出しとして使用されます。
H1タグはページの構造を示し、ユーザーにとってページの内容を理解しやすくする役割を果たします。そのため、適切なキーワードを含み、ページの主題やテーマを明確に示すようなH1タグを使用することが重要です。
H1タグはページの内容の重要性を示す上で重要な要素であり、適切なH1タグを使用することで、検索エンジンのランキング向上に寄与します。

これらの3大エリアの最適化は、ウェブページの検索エンジンランキングを向上させるために重要な役割を果たします。適切なキーワードの使用や魅力的なコンテンツの提供など、これらの要素を適切に最適化することで、ユーザーにとって価値のあるページを提供し、SEOの効果を最大化することができます。

4.コンテンツを充実させる

検索キーワードを選定したら、次は検索ユーザーが求める質の高いコンテンツを目標キーワード(テーマ)に沿って作成していきます。ここでの重要なポイントは「コンテンツのテーマと、上位表示を目指すキーワードを一致させる」ことです。キーワードに関連のない要素は入れないように注意しましょう。コンテンツ要因には以下の3つがあります。

① コンテンツの量

競合しているサイトと比較して、コンテンツの量が少なければ上位表示に不利に働きます。上位表示を目指すためには、競合他社よりも量を増やす必要があります。もちろん、闇雲に文字量だけを増やすのではなく、ユーザーにとって価値のある情報を意識することが重要です。

② コンテンツの質

では、ユーザーにとって価値のある質の高いコンテンツとはなんでしょう。コンテンツの質には3つの意味があります。

・独自性

・人気度

・信頼性

独自性を持たせるためには、重複した文字コンテンツがないように、それぞれのページにオリジナルの文字コンテンツを追加することが必要です。
ただし、例外もあります。いわゆる「まとめサイト」は様々な情報源からユーザーが探していた情報を集め、探す手間を省くことで一定の付加価値を持つことがあります。
また、コンテンツの質を高めるためには前述の「E - E - A - T」も重要です。

③ コンテンツの人気度

Googleは、検索結果上のクリック率やサイト滞在時間からもコンテンツの人気度を測定しています。サイトの滞在時間を伸ばすためには内部リンクの最適化が有効です。

5.被リンク対策(外部対策)

被リンク対策(バックリンク対策)において、評価基準は重要です。被リンクは、他のウェブサイトから自分のウェブサイトへのリンクのことで、SEOにおいて大きな役割を果たします。Googleなどの検索エンジンは、被リンクをウェブサイトの信頼性や権威性の指標とみなします。以下に、被リンクの評価基準をいくつか紹介します。

① リンク元のドメインの信頼性

・ 被リンクを提供するウェブサイトのドメインオーソリティ(信頼性)が高いほど、そのリンクの価値も高くなります。信頼性の高いニュースサイト、大学のサイト、政府のサイトなどからのリンクは、SEOに大きなプラスの影響を与えます。

・ ドメインオーソリティは、MozやAhrefsなどのツールで確認できます。

② リンク元の関連性

・ リンク元のコンテンツが、自分のサイトの内容と関連性が高い場合、そのリンクの価値が高まります。例えば、料理のサイトからレシピサイトへのリンクは関連性が高く、有益と判断されやすいです。

・ コンテンツの関連性を重視することで、より質の高い被リンクを獲得できます。

③ リンクの位置

・ リンクが配置される位置も重要です。本文中に自然に組み込まれたリンクは、フッターやサイドバーにあるリンクよりも価値が高いとされています。

・ 記事の冒頭や中盤に配置されたリンクは、より高い評価を受けやすいです。

④ アンカーテキスト

・ リンクのアンカーテキスト(クリック可能なテキスト)は、リンク先のページの内容を示す重要な要素です。適切なキーワードを含むアンカーテキストは、リンクの価値を高めます。

・ 過度に最適化されたアンカーテキスト(すべてが同じキーワード)は不自然に見えるため、バリエーションを持たせることが重要です。

⑤ リンクの自然さ

・ 被リンクが自然に獲得されたものであるかどうかも評価のポイントです。不自然なリンクの増加は、ペナルティのリスクを高めます。例えば、リンク購入やリンクファームからのリンクは避けるべきです。

・ 自然なリンクを獲得するためには、高品質なコンテンツを提供し、リンクを自然に引き付けることが重要です。

⑥ リンクのフォロー/ノーフォロー属性

・ フォローリンク(dofollow)は、リンク元のSEO価値をリンク先に伝えるのに対し、ノーフォローリンク(nofollow)はその価値を伝えません。しかし、ノーフォローリンクもトラフィックを増加させ、ブランド認知を向上させる効果があります。

・ バランスの取れたフォローとノーフォローリンクの組み合わせが理想的です。

⑦ リンクの数

・ 一定の被リンク数は重要ですが、質より量を重視することは避けるべきです。少数でも質の高いリンクの方が、多数の低品質なリンクよりも価値があります。

・ 自然なリンク構造を維持するために、リンクの量と質のバランスを取ることが重要です。

⑧ リンクの多様性

・ 多様なドメインからのリンクは、リンクプロファイルの健全性を示します。同一ドメインから大量のリンクを獲得するよりも、異なるドメインからリンクを得る方がSEOにとって有利です。

・ 異なる業種や関連性のあるサイトからリンクを獲得することを目指しましょう。

これらの評価基準を念頭に置きながら、被リンク対策を進めることで、SEOの効果を最大化し、ウェブサイトの検索エンジンランキングを向上させることができます。

6.モバイルのユーザビリティ

Googleが実施した「モバイルフレンドリーアップデート」「モバイルファーストインデックス」という2つのアルゴリズムアップデートにより、モバイルサイトを中心に検索エンジン最適化を実施するという変化がありました。

特に最近ではモバイル端末のユーザービリティがSEO関連でも重要視されています。サイトによってはPCよりもモバイルの方が多い場合もありますので、サイトは必ずスマホの見え方もチェックするようにしましょう。
Googleの提供する「モバイルフレンドリーテスト」で自社サイトのモバイルユーザビリティを確認することができます。

7.ページ速度を改善する8つの方法

サイトの表示スピードが遅いと、ユーザビリティが損なわれ、サイトの離脱や滞在率に影響します。
PageSpeed Insights(ページ・スピード・インサイト)というGoogleが提供するツールを使用して、改善方法を確認してみましょう。
画像の軽量化や遅延読み込みなど、Webエンジニアの作業が必要になることもあります。

ここでは、具体的なページスピードの改善方法について解説します。

① 画像の最適化

・ 画像を圧縮してファイルサイズを小さくすることで、読み込み時間を短縮できます。JPEGやPNGなどの適切なフォーマットを選びましょう。

・ 画像のサイズを実際に表示されるサイズに合わせることで、無駄なデータの読み込みを避けられます。

② ブラウザキャッシュの活用

・ ブラウザキャッシュを設定することで、ユーザーが再度訪問した際に、同じリソースを再度ダウンロードする必要がなくなります。これによりページの読み込み速度が向上します。

③ コードのミニファイ化

・ TML、CSS、JavaScriptのコードをミニファイ(不要なスペースやコメントを削除)することで、ファイルサイズを削減し、読み込み速度を向上させます。

④ サーバーの応答時間の短縮

・ サーバーの応答時間を短縮するために、高性能なサーバーを使用し、適切なホスティングプロバイダーを選ぶことが重要です。また、サーバー側のキャッシュを利用することも効果的です。

⑤ コンテンツデリバリーネットワーク(CDN)の利用

・ CDNを利用することで、ウェブサイトの静的コンテンツ(画像、CSS、JavaScriptなど)を複数のサーバーに分散し、ユーザーの地理的位置に応じて最適なサーバーから配信することができます。これにより、読み込み速度が向上します。

⑥ 不要なプラグインの削除

・ 特にWordPressなどを利用したCMSのサイトでは、不要なプラグインを削除することで、サイトのパフォーマンスを向上させることができます。プラグインが多すぎると、サイトの速度に悪影響を与えることがあります。

⑦ 非同期ロードの活用

・ avaScriptやCSSを非同期で読み込むことで、ページのレンダリングを妨げず、読み込み速度を向上させることができます。特に、レンダリングブロッキングのスクリプトを避けるようにしましょう。

⑧ AMP(Accelerated Mobile Pages)の導入

・ AMPを導入することで、モバイルページの読み込み速度を劇的に向上させることができます。AMPは、軽量なHTMLと制約のあるJavaScriptを使用して、モバイルユーザーに高速な体験を提供します。

これらの方法を実践することで、ウェブサイトのページスピードを効果的に改善し、ユーザーエクスペリエンスやSEOパフォーマンスの向上を図ることができます。

8.SEO対策の極意:キーワードとコンテンツ内容を見直す手順

SEO対策において、キーワードとコンテンツの見直しは検索エンジンでの上位表示を目指すための重要なステップです。ここでは、効果的なSEOを実現するために、キーワードとコンテンツの内容を見直す手順をご紹介します。

① キーワードリサーチの実施

まずは、ターゲットとするキーワードを見直すことから始めましょう。適切なキーワードを選定するために、以下の手順を実施します。

・ツールの利用:GoogleキーワードプランナーやAhrefs、SEMrushなどのツールを使って、関連するキーワードの検索ボリュームや競合状況を調査します。

・競合分析:上位表示されている競合サイトのキーワードを分析し、自サイトに適用できるものを探します。

・ユーザー意図の確認:ユーザーが検索する際の意図を理解し、それに応えるコンテンツを提供するために適切なキーワードを選びます。

② キーワードの選定

リサーチを元に、以下の基準でキーワードを選定します。

・関連性:自サイトの内容に関連し、ユーザーの検索意図に一致するキーワードを選びます。

・検索ボリューム:月間の検索ボリュームが十分にあり、トラフィックを見込めるキーワードを選びます。

・競争力:競合サイトとの競争が激しくない、比較的狙いやすいキーワードを選びます。

③ コンテンツの最適化

選定したキーワードに基づいて、コンテンツの内容を最適化します。

・タイトルタグとメタディスクリプション:キーワードを含めた魅力的なタイトルとメタディスクリプションを作成し、検索結果でのクリック率を向上させます。

・見出しタグ(H1, H2, H3):キーワードを含めた見出しを使用し、コンテンツの構造をわかりやすくします。

・本文中のキーワード配置:自然な形で本文中にキーワードを含め、過剰なキーワードの詰め込みは避けます。

・内部リンク:関連する他のページへのリンクを追加し、サイト内のSEO効果を高めます。

④ コンテンツの品質向上

SEO対策では、コンテンツの品質が非常に大事です。以下のポイントを考慮して、コンテンツの品質を向上させます。

・情報の正確性と信頼性:信頼できる情報源を元にした正確な情報を提供します。

・オリジナリティ:独自性のあるコンテンツを作成し、他のサイトとの差別化を図ります。

・ユーザーエンゲージメント:読みやすく、ユーザーが興味を持ち続けるようなコンテンツを作成します。

⑤ 継続的な評価と改善

SEO対策は一度で終わりではなく、継続的な評価と改善が必要です。

・解析ツールの使用:Googleアナリティクスやサーチコンソールを使って、トラフィックやユーザー行動を解析します。

・定期的な見直し:定期的にキーワードとコンテンツを見直し、必要に応じて最適化します。

・A/Bテスト:異なるバージョンのコンテンツをテストし、最も効果的なものを採用します。

キーワードとコンテンツの見直しは、SEO対策において欠かせないプロセスです。適切なキーワードの選定と高品質なコンテンツの提供を心掛け、継続的な評価と改善を行うことで、検索エンジンでの上位表示を目指しましょう。これらの手順を実践することで、SEO対策がより効果的に機能し、サイトのトラフィックとユーザーエンゲージメントを向上させることができます。

まとめ

SEO初心者の方もSEO経験者の方も、行き詰まったら基本に立ち返ってみましょう。
Googleの考え方を理解し、検索アルゴリズムの動向を踏まえながら「ユーザーファースト」を意識して取り組んでいくことが大事です。

SEO対策における重要ポイント:2024年のGoogle検索アルゴリズムの最新トレンド

2024年もGoogleの検索アルゴリズムは進化を続け、SEO対策において知っておくべき最新のトレンドがいくつか登場しています。ここでは、2024年のGoogle検索アルゴリズムの主な変化と、それに対応するためのSEO対策について詳しく解説します。

1. Core Web Vitalsのさらなる強化

2024年も引き続き、Core Web VitalsがSEO対策の中心となります。これは、ユーザーエクスペリエンスを向上させるために、ウェブサイトのパフォーマンスを評価する指標です。特に以下の3つのポイントに注目してください。

・LCP(Largest Contentful Paint):ウェブページのメインコンテンツが読み込まれるまでの時間。

・FID(First Input Delay):ユーザーが最初に操作可能になるまでの時間。

・CLS(Cumulative Layout Shift):ページのレイアウトの安定性。

2. 人工知能と機械学習の活用

Googleの検索アルゴリズムは、AIと機械学習を活用して、ユーザーの検索意図をより正確に理解し、適切な結果を提供するようになっています。以下の要素が重要です。

・BERT(Bidirectional Encoder Representations from Transformers):自然言語処理の技術を用いて、クエリの文脈を理解し、適切な検索結果を提供します。

・MUM(Multitask Unified Model):複雑な検索クエリに対して、複数のタスクを同時に処理し、ユーザーの意図をより深く理解します。

SEO対策として、自然な言語で書かれた高品質なコンテンツを提供することが求められます。キーワードの詰め込みではなく、ユーザーが本当に求めている情報を提供することが重要です。

3. モバイルファーストインデックスの完全導入

Googleは、モバイルデバイスでの検索エクスペリエンスを重視しており、モバイルファーストインデックスを完全に導入しました。これにより、以下の点に注意する必要があります。

・モバイルフレンドリーなデザイン:スマートフォンやタブレットでの表示が最適化されていること。

・ページ速度の改善:モバイル環境でも素早く読み込めるよう、画像の最適化や不要なスクリプトの削除を行います。

・レスポンシブデザイン:デバイスの画面サイズに応じて、レイアウトが自動的に調整されるようにします。

4. ユーザーエクスペリエンス(UX)の向上

Googleは、ユーザーエクスペリエンスを評価する指標をますます重視しています。以下のポイントに注目してください。

・直帰率の低減:ユーザーがすぐにサイトを離れないように、魅力的なコンテンツと明確なナビゲーションを提供します。

・エンゲージメントの向上:ユーザーがサイト内で積極的に行動するように、インタラクティブな要素や関連コンテンツを提供します。

・アクセシビリティの確保:すべてのユーザーが利用しやすいように、ウェブサイトのアクセシビリティを向上させます。

5. E-A-T(Expertise, Authoritativeness, Trustworthiness)の重視

Googleは、コンテンツの品質評価において、専門性、権威性、信頼性(E-A-T)を重要視しています。SEO対策として、以下の点を強化します。

・信頼できる情報源の引用:コンテンツ内で信頼性のある情報源を引用し、信頼性を高めます。

・著者情報の明示:コンテンツを作成した著者の専門性や経歴を明示します。

・レビューや根拠の提供:ユーザーからのレビューや実績を示す根拠を提供し、信頼性を高めます。

2024年のGoogle検索アルゴリズムの進化に対応するためには、ユーザーエクスペリエンスの向上、高品質なコンテンツの提供、モバイルフレンドリーなサイト設計が不可欠です。

これらのトレンドを踏まえたSEO対策を実施することで、検索エンジンでの上位表示を目指しましょう。最新のアルゴリズム変化に対応することで、ウェブサイトのトラフィックとユーザーエンゲージメントを向上させることができます。

SEO対策における最新トレンド:SGEとSEOの関係

SEO対策に取り組むウェブマスターやマーケターにとって、検索エンジンの最新トレンドを理解することは重要です。最近注目されているSGE(Search Generative Experience)とSEOの関係について解説します。SGEの登場により、SEO対策がどのように進化しているのかを見ていきましょう。

SGE(Search Generative Experience)とは?

SGEは、AIを活用した新しい検索体験のことを指します。Googleが推進するこの技術は、従来の検索アルゴリズムにAI技術を組み合わせることで、ユーザーに対してより高度でパーソナライズされた検索結果を提供します。SGEにより、検索クエリに対する理解が深まり、ユーザーにとってより関連性の高い情報が提供されます。

SGEとSEOの関係

SGEの登場は、SEO対策に大きな影響を与えます。以下に、その関係と具体的な影響について説明します。

1. コンテンツの品質と関連性の重要性

SGEは、ユーザーの検索意図をより深く理解し、関連性の高いコンテンツを優先します。これにより、SEO対策としては、以下の点がより重要になります。

・高品質なコンテンツ:ユーザーの検索意図に応じた価値ある情報を提供することが求められます。

・関連性の確保:選定したキーワードがコンテンツのテーマと密接に関連していることが重要です。

2. ユーザーエンゲージメントの向上

SGEは、ユーザーエンゲージメントを重視するため、以下のSEO対策が求められます。

・ユーザー体験の最適化:ページの読み込み速度やモバイルフレンドリーなデザインを心掛けることで、ユーザーの滞在時間を延ばします。

・インタラクティブなコンテンツ:クイズや動画、インフォグラフィックなどのインタラクティブ要素を取り入れることで、ユーザーの関心を引き続けます。

3. 音声検索と自然言語処理

SGEは、音声検索や自然言語処理の精度を向上させます。これにより、SEO対策としては、以下の点を考慮する必要があります。

・会話型キーワード:音声検索に対応するため、自然な言い回しのキーワードをコンテンツに取り入れます。

・FAQセクションの追加:ユーザーが質問形式で検索することを想定し、FAQ形式のコンテンツを充実させます。

具体的なSEO対策のステップ

SGEの影響を考慮したSEO対策を具体的に実施するためのステップを以下に示します。

1. キーワードリサーチの進化

従来のキーワードリサーチに加えて、ユーザーの検索意図や関連するロングテールキーワードを深掘りします。ツールを活用し、音声検索に対応したキーワードもリサーチします。

2. コンテンツの最適化

ユーザーにとって価値のある情報を提供することを最優先に、コンテンツを定期的に見直し、アップデートします。具体的には、以下のポイントに注意します。

・ユーザーの疑問に答える:ユーザーが検索しそうな質問に対する明確な回答を含めます。

・視覚的要素の強化:画像や動画、インフォグラフィックなどを活用し、コンテンツの魅力を高めます。

3. テクニカルSEOの強化

サイトの技術的な側面を最適化し、検索エンジンにとってクロールしやすい構造にします。

・モバイルフレンドリー:モバイルデバイスでの表示速度やユーザー体験を最適化します。

・ページ速度の改善:画像の最適化やキャッシュの利用などで、ページの読み込み速度を向上させます。

SGEの登場は、SEO対策に新たな視点を提供します。ユーザーの検索意図をより深く理解し、高品質で関連性の高いコンテンツを提供することが、今後のSEO成功の鍵となります。最新のトレンドを追いながら、効果的なSEO対策を実施し、検索エンジンでの上位表示を目指しましょう。

SEO対策についてのよくある質問

SEOに関するよくある質問をまとめましたので、参考にしてください。

:SEO対策は誰でもできますか?

:SEO対策は誰でも基本的な知識を持って始めることができますが、効果的なSEOを実現するためには専門知識と継続的な努力が必要です。基本的なキーワードリサーチやコンテンツの最適化、内部リンクの設定などは比較的簡単に学ぶことができますが、競争の激しい市場で上位を狙うには、高度な技術や最新のトレンドに対応するための継続的な学習が求められます。多くの企業は、専門のSEOコンサルタントやエージェンシーを活用して効果的なSEO戦略を実施しています。

:SEO対策とは何ですか?

:SEO対策とは、検索エンジン最適化(Search Engine Optimization)の略で、検索エンジンの結果ページ(SERP)でウェブサイトの表示順位を上げるための一連の技術や手法を指します。これには、キーワードの最適化、リンクの構築、コンテンツの質の向上などが含まれます。主な目的は、オーガニック検索トラフィックを増加させることです。

:SEO対策の目的は何ですか?

:SEO対策の主な目的は、検索エンジンの結果ページで上位に表示されることにより、ウェブサイトへの訪問者を増やすことです。これにより、ビジネスの認知度が向上し、売上やリードの獲得が促進されます。また、SEO対策はユーザーエクスペリエンスの向上にもつながり、訪問者がサイトに滞在しやすくなるため、最終的にはコンバージョン率の向上も期待できます。

:SEO対策で最も重要なことは何ですか?

:SEO対策において最も重要な要素は、質の高いコンテンツの作成、キーワードの適切な最適化、サイト内部のリンク構造、そして外部リンク(バックリンク)の獲得です。コンテンツはユーザーのニーズに応えるものでなければならず、キーワードは自然に含まれている必要があります。内部リンクは、検索エンジンがサイト全体を理解するのを助け、外部リンクは信頼性と権威を示します。

:キーワードリサーチはSEO対策にどのように役立ちますか?

:キーワードリサーチは、ユーザーがどのような言葉やフレーズを使って情報を検索しているかを理解するために不可欠です。この情報を基に、適切なキーワードを選定し、コンテンツに組み込むことで、検索エンジンがそのページを関連性の高いものとして認識しやすくなります。また、競合分析を通じて、自分のサイトがどのキーワードで競争力があるかを把握することも大事です。

:内部リンクはSEO対策にどのように影響しますか?

:内部リンクは、ウェブサイト内の他のページへのアクセスを促進し、検索エンジンがサイトの構造を理解するのに役立ちます。内部リンクを適切に配置することで、訪問者がサイト内をスムーズに移動できるようになり、滞在時間の延長や直帰率の低下につながります。また、特定のページに対するリンクの数が増えると、検索エンジンがそのページをより重要と判断しやすくなります。

:外部リンク(バックリンク)の重要性は何ですか?

:高品質な外部リンク(バックリンク)は、他のウェブサイトから自分のサイトへのリンクを指します。これらのリンクは、検索エンジンに対してそのサイトが信頼性と権威を持つことを示す指標です。特に、業界内の権威あるサイトからのリンクは、SEOに大きなプラスの影響を与え、検索順位の向上に貢献します。ただし、低品質なリンクはペナルティの対象となる可能性があるため、リンクの質が重要です。

:モバイルフレンドリーなデザインはSEO対策に必要ですか?

:はい、モバイルフレンドリーなデザインはSEO対策に必須です。多くのユーザーがスマートフォンやタブレットでインターネットを利用する現在、検索エンジンもモバイルフレンドリーなサイトを優先して表示するようになっています。レスポンシブデザインを採用することで、ユーザーはどのデバイスからでも快適にサイトを閲覧でき、検索エンジンからの評価も向上します。

:ページの読み込み速度はSEO対策にどのように影響しますか?

:ページの読み込み速度は、ユーザーエクスペリエンスに直接影響を与えるため、SEO対策において重要です。読み込みが遅いとユーザーがサイトを離れる可能性が高まり、直帰率が増加します。検索エンジンもページの速度をランキング要因として重視しているため、サイトの読み込み速度を最適化することで、検索順位を向上させることができます。これには、画像の最適化やキャッシュの利用、サーバーの応答速度の改善などが含まれます。

:メタディスクリプションはSEO対策にどう関係しますか?

:メタディスクリプションは、検索エンジンの結果ページに表示されるページの概要です。直接的にランキングに影響しないものの、クリック率(CTR)を向上させる重要な要素です。魅力的で関連性の高いメタディスクリプションを作成することで、検索結果を見たユーザーがそのリンクをクリックする可能性が高まります。結果的に、CTRの向上は間接的にSEOの改善に寄与します。

:画像の最適化はSEO対策に有効ですか?

:はい、画像の最適化はSEO対策に有効です。画像のファイルサイズを圧縮し、適切なフォーマットを使用することで、ページの読み込み速度を改善できます。また、画像に代替テキスト(alt属性)を追加することで、検索エンジンが画像の内容を理解しやすくなり、関連する検索結果に表示される可能性が高まります。これにより、画像検索からのトラフィックも増加します。

:ローカルSEO対策とは何ですか?

:ローカルSEO対策とは、特定の地域や場所に関連する検索結果でビジネスを目立たせるための最適化手法です。ローカルSEOは、Googleマイビジネスの最適化、地域名を含むキーワードの使用、ローカルディレクトリへの登録などを含みます。これにより、近隣の顧客がビジネスを見つけやすくなり、地元の検索結果でのランキングが向上します。

:SEO対策においてソーシャルメディアは必要ですか?

:ソーシャルメディアは直接的にはSEOのランキング要因ではありませんが、間接的に大きな影響を与えることがあります。ソーシャルメディアを活用することで、コンテンツの拡散やブランドの認知度を高めることができ、これが結果的にトラフィックの増加やバックリンクの獲得につながります。また、ソーシャルシェアが多いコンテンツは検索エンジンにも高く評価されやすくなります。

:競合分析はSEO対策にどう役立ちますか?

:競合分析は、自分のサイトと競合他社のSEO戦略を比較するために重要です。競合サイトがどのようなキーワードで上位表示されているか、どのようなバックリンクを獲得しているかを分析することで、自分のサイトの強みと弱みを把握できます。これにより、効果的なキーワード戦略やリンク構築戦略を立案し、競争力を高めることができます。

:ユーザーエクスペリエンス(UX)はSEO対策に関係ありますか?

:はい、ユーザーエクスペリエンス(UX)はSEO対策に密接に関係しています。良好なUXは、ユーザーがサイトを訪れた際に快適に閲覧できることを意味し、これが直帰率の低下や滞在時間の延長につながります。検索エンジンは、ユーザーエンゲージメントの指標をランキング要因として考慮するため、UXを改善することでSEOにも好影響を与えることができます。

:コンテンツの定期的な更新はSEO対策に有効ですか?

:はい、コンテンツの定期的な更新はSEO対策に非常に有効です。最新かつ関連性の高い情報を提供することで、検索エンジンがそのページを価値のあるものと認識しやすくなります。また、定期的な更新は訪問者に対してもポジティブな印象を与え、リピーターを増やすことができます。ブログ記事の追加や既存コンテンツのリフレッシュも効果的です。

:HTTPSはSEO対策に影響しますか?

:はい、HTTPSはSEO対策に影響します。HTTPS(HyperText Transfer Protocol Secure)は、データの暗号化により、ユーザーとサイト間の通信を安全に保ちます。検索エンジンは、セキュリティが確保されたサイトを好むため、HTTPSを使用しているサイトはSEOの評価が向上します。また、ユーザーに対しても信頼感を与え、コンバージョン率の向上につながります。

:サイトマップの作成はSEO対策に必要ですか?

:はい、サイトマップの作成はSEO対策にとって必要です。サイトマップは、検索エンジンに対してサイトの全体構造を示すもので、インデックスの促進に役立ちます。XMLサイトマップを作成し、検索エンジンに送信することで、新しいページや更新されたページが迅速にクロールされ、検索結果に反映されやすくなります。

:重複コンテンツはSEO対策にどのような影響がありますか?

:重複コンテンツは、同じ内容が複数のURLで表示される状態を指し、SEOに悪影響を与える可能性があります。検索エンジンはどのページを表示すべきかを判断しづらくなり、結果としてすべての重複ページの評価が下がることがあります。重複コンテンツを避けるためには、正規化(canonicalization)を行い、検索エンジンに正しいページを示すことが重要です。

:アクセス解析ツールはSEO対策にどう役立ちますか?

:アクセス解析ツール(例:Google Analytics)は、サイトのトラフィックやユーザー行動を詳細に把握するために重要です。これにより、どのページが最も訪問されているか、ユーザーがどのようにサイトをナビゲートしているか、どのキーワードが効果的かを分析できます。これらのデータを基に、SEO戦略を調整し、改善することで、より効果的なSEO対策を実施することが可能です。

:アンカーテキストはSEO対策に影響しますか?

:はい、アンカーテキストはSEO対策に影響します。アンカーテキストは、リンクが指し示すテキストであり、検索エンジンにリンク先の内容を伝える役割を果たします。適切なキーワードを含むアンカーテキストを使用することで、リンク先ページの関連性が高まり、検索エンジンの評価も向上します。ただし、不自然なキーワードの詰め込みは避け、自然な文脈での使用が推奨されます。

最新SEO情報

こちらではGoogle検索セントラルブログでのコアアルゴリズムの公式最新情報や、Google検索の新機能、海外のSEO最新情報を取り上げていきます。常に更新しますので、ぜひチェックしてください。

AI生成のコンテンツに対するGoogleのスタンスとは? #SEO対策

公開日:2024年07月16日

AIによって生成されるコンテンツには、テキスト、画像、動画などがあります。特に、テキスト生成AIはブログ記事、商品説明、レビュー、ニュース記事など多岐にわたる用途で使用されています。

AI生成コンテンツの利点は、迅速かつ大量に生成できることです。しかし、その品質や信頼性が常に保証されるわけではないため、適切な監修が必要です。

Googleは公式にAI生成コンテンツに関するガイドラインを発表しています。その中で最も重要な点は、

「品質と信頼性が最優先」であるということです。

AI生成コンテンツがスパムと見なされるリスクもあります。例えば、品質が低かったり、ユーザーに価値を提供しないコンテンツは、検索ランキングに悪影響を及ぼす可能性があります。

AIを活用して高品質なコンテンツを作成するには、以下のポイントに注意することが大切です。

・ユーザーエクスペリエンスの向上: コンテンツがユーザーのニーズに応え、満足度を高めるものであること。
・情報の正確性: 誤情報や偏った情報が含まれないようにする。
・自然な文体: 読んで違和感のない、自然な文章を生成する。

AIが生成したコンテンツは、必ず人の監修を受けるべきです。専門知識を持つ人がレビューし、必要な修正や補足を行うことで、信頼性と品質を高めることができます。

AI生成のコンテンツに対するGoogleのスタンスとは?

AI生成コンテンツは、正しく活用すればSEOにおいても大きな力を発揮します。しかし、品質と信頼性が最も重要であり、Googleのガイドラインを遵守することが求められます。人間の監修と適切なSEO対策を組み合わせることで、AI生成コンテンツでも高い検索ランキングを維持することが可能です。

6月25日から順次、Googleの無限スクロールが廃止されます#SEO への影響は?

公開日:2024年06月28日

2024年6月25日から、Google検索結果画面の表示が変更になっています。
連続スクロールでは、スクロールすると2〜4ページ目までは自動で表示されていましたが、今後は、ユーザーが能動的に次ページをクリックしない限りは表示されません。

Googleの無限スクロールが廃止#SEOへの影響は?

廃止理由は読み込み速度を改善するためとのことですが、Googleの広告担当は以下のように説明しています。

この変更は、ユーザーが明示的に要求していない検索結果を自動的に読み込む代わりに、より多くの検索でより迅速に結果を提供することを目的としています。

自動的に結果を追加読み込みしても、Google 検索に対するユーザーの満足度が大幅に向上することはありませんでした。

SEOへの影響はどうなのか、まだ大きな話題になっていないところを見ると、目立つ影響が発生していないものと思われます。

ただ、この変更は検索結果の表示方法に影響を与える可能性があります。特に、SEO(検索エンジン最適化)の戦略を見直す必要が出てくるかもしれません。

例えば、検索結果の1ページ目に表示されることの重要性が再び高まるため、より効果的なキーワード戦略が求められます。

6月25日を境に表示回数とクリック数にどのような変化が起きるのか注視していきたいと思います。

管理するウェブサイトのコンテンツがAIの学習に利用されないようにする方法とは?

公開日:2024年06月19日

SEO対策に取り組むサイト運営者にとって、自社のコンテンツが無断で利用されるのを防ぐことは課題のひとつかと思います。
今回は、ウェブサイトのコンテンツがAIの学習に利用されないようにするための方法について解説します。

管理するウェブサイトのコンテンツがAIの学習に利用されないようにする方法

・Robots.txt ファイルを設定する

最も基本的な対策として、robots.txtファイルを利用してクローラーのアクセスを制限する方法があります。このファイルを使って、特定のクローラーが特定のページにアクセスするのを禁止することができます。

例:

User-agent: *
Disallow: /

この設定は、全てのクローラーに対して全ページへのアクセスを禁止します。ただし、これはAIクローラーを完全にブロックする保証にはなりません。なぜなら、悪意のあるクローラーはこの設定を無視する可能性があるからです。

・メタタグを使用する

HTMLのmetaタグを使って、クローラーに対してインデックスしないように指示することができます。例えば、以下のタグをページの<head>セクションに追加します。

<meta name="robots" content="noindex, nofollow">

これにより、検索エンジンのクローラーがそのページをインデックスしたり、リンクを追跡したりするのを防ぎます。

・HTTPヘッダーの利用

HTTPヘッダーに特定のディレクティブを追加することで、クローラーに対する指示を出すことができます。例えば、以下のようなヘッダーを利用します。

X-Robots-Tag: noindex, nofollow

これにより、メタタグと同様の効果を持たせることができます。

・コピー防止対策の実施

ウェブサイトのコンテンツが容易にコピーされないようにするための技術的対策も有効です。例えば、JavaScriptを利用して右クリックやテキストの選択を無効にすることが考えられます。

document.addEventListener('contextmenu', event => event.preventDefault());
document.addEventListener('selectstart', event => event.preventDefault());

ただし、これらの対策はあくまで表面的なものであり、完全な防止策とはなりません。

ウェブサイトのコンテンツがAIの学習に利用されるのを防ぐためには、技術的対策と法的対策を組み合わせることが重要です。robots.txtファイルやmetaタグ、HTTPヘッダーを適切に設定することに加え、コピー防止対策を実施し、必要に応じて法的措置を検討することで、自分のコンテンツを守ることができます。これらの方法を活用して、ウェブサイトの価値を守りましょう。

ホワイトレーベルのクーポン配布は寄生サイトのスパムポリシーに違反する?#SEO

公開日:2024年06月11日

ホワイトラベルサービスは、他の企業が自社ブランドとしてクーポンを再販できるように提供されますが、その主な目的は検索エンジンのランキング操作です。

このような行為は、検索エンジンからペナルティを受け、結果としてサイト全体の評価が低下するリスクを伴います。本記事では、ホワイトラベルクーポンのリスクと、SEOにおける健全なクーポン配布の方法について詳しく解説します。

多くの出版物は、読者のためにクーポンを掲載しています。読者は、出版物がどのようにしてクーポンを入手しているのか、そしてそのクーポンが読者にとって価値があるものかを明確に理解する必要があります。この透明性が、SEO対策においても重要な役割を果たします。

ホワイトラベルサービスとは、他の企業が自社ブランドとして再販できるように、ある製品やサービスを提供する企業のことです。クーポンの分野では、ホワイトラベルサービスは、主に検索ランキングを操作する目的でクーポンを再配布することに特化しています。このような手法は、Googleなどの検索エンジンからペナルティを受ける可能性があるため、SEOには不利です。

ホワイトレーベルのクーポン配布は寄生サイトのスパムポリシーに違反する?

一方、出版物がクーポンの提供に積極的に関与している場合、例えば、商人やその他の企業から直接クーポンを入手して読者に独自の価値を提供している場合は、SEO対策としても有効です。このような独自性と価値提供は、検索エンジンから高く評価され、検索結果の上位に表示される可能性が高まります。

したがって、出版物がクーポンを掲載する際には、独自の価値を提供するために積極的に関与し、ホワイトラベルサービスに依存しないことが、SEO対策においても重要です。このような取り組みによって、読者にとって価値のあるコンテンツを提供しながら、検索エンジンの評価も向上させることができます。

続きを読む

Googleがサイトの評判や期限切れドメインの不正使用をスパムレポートに追加 #SEO

公開日:2024年06月04日

Googleは、新たに「サイトの評判の不正使用」と「期限切れドメインの不正使用」をスパムレポートに追加しました。これらの変更は、SEO対策においてサイトの健全性を保つために知っておくとよい情報です。

Googleがサイトの評判や期限切れドメインの不正使用をスパムレポートに追加

Googleは、5月5日から施行されるスパムポリシーに関するリマインダーの際に、「サイトの評判の不正使用」をスパムレポートの選択肢に追加することを約束していました。そして、その約束が実現されました。

「サイトの評判の不正使用」は、他のサイトの信頼性や評判を不正に利用して自サイトのランキングを上げる行為です。SEO対策として正しい手法を用いることがますます重要になっています。

「期限切れドメインの不正使用」は、以前に人気があったが現在は期限切れとなっているドメインを取得し、そのドメインの旧来の評価を利用して不正に検索順位を上げる行為です。これもスパムレポートの選択肢に追加されました。

スパムレポートの「ページがスパム行為に関与している」を選択して進むと、「サイトの評判の不正使用」と「期限切れドメインの不正使用」のカテゴリを選ぶことができます。これにより、SEO対策として不正行為を発見した場合、Googleに報告する手段が増えました。

ただし、注意が必要です。スパムレポートを通じて報告を行っても、Googleがそのサイトに直接手動で対処することは通常ありません。Googleのスパム対策システムの改善に役立てられるのみです。以下のように、Googleのドキュメントでも明言されています。

レポートから通報しても手動対策が課せられたりはしません。
スパム対策システムの改良の参考になりうるだけです。

SEOにおいて、自サイトがスパムポリシーに違反しているサイトに上位表示を奪われることはフラストレーションを感じるかもしれません。ですが、スパムレポートの役割は情報収集であり、Googleのアルゴリズム改善に寄与するものです。スパムを発見した際には、積極的にGoogleに報告することが、健全な検索システムを維持するために大切です。

SEO対策において、これらの変更を理解し、適切に対応することで、健全なウェブサイト運営を目指しましょう。

続きを読む

ハッシュタグ付きの検索がGoogleで正式導入されたかも? #SEO

公開日:2024年05月23日

「#梅雨」と検索すると「ハッシュタグ付きの検索結果」が表示されるようになりました。
検索クエリによって、検索結果に「#〇〇を含む投稿」というブロックが入ります。
「もっと見る」をクリックすると、そのクエリのハッシュタグがついたコンテンツを絞り込んだ検索結果になります。

#SEOとは?

ハッシュタグがついたコンテンツであればXやInstagram、YouTube、TikTok、notoなどのサイトに投稿された記事などが検索結果に表示されます。

ハッシュタグ付きのコンテンツをGoogleが自動で認識し、取得しているようです。
WordPressの標準のタグは拾われていません。
Googleからのアナウンスがない状態ですので、正式な導入かどうかはわからず、発表が待たれます。

続きを読む

ランキングが低下した原因は、スパム判定ペナルティとは限らない? #SEO

公開日:2024年05月17日

「サイトの順位がかなり下がったのに、手動対策の通知が届いていない。スパムっぽいサイトが未だに上位にいるのは不公平だ」と感じているウェブマスターも多いかもしれません。そんな中、Google検索の広報担当者がXに非常に長い返答を投稿しました。その内容を簡単にまとめつつ、SEO対策について考えてみましょう。

広報担当者の返答によると、サイトのランキング低下の原因は必ずしもスパム対策だけではないとのことです。Googleのアルゴリズムは、スパム対策以外にもコンテンツの有用性や信頼性を評価するシステムを持っています。SEO対策としては、以下の点を見直すことが重要です。

・高品質なコンテンツの提供:ユーザーにとって有用な情報を提供することが、ランキング向上の鍵となります。
・信頼性の向上:信頼できる情報源を引用し、E-A-T(Expertise, Authoritativeness, Trustworthiness)を意識したコンテンツ作りを心掛けましょう。
・アルゴリズム対策の透明性:Googleは、アルゴリズムによる対策の影響を受けたサイトにも透明性を高めるため、Google Search Consoleで通知することを考えています。SEO対策として、Search Consoleの通知を定期的に確認し、必要な対応を迅速に行うことが求められます。

スパムの情報を公開しすぎると、悪用される可能性があるため、情報の透明性とセキュリティのバランスが課題となっています。SEO対策を講じる際には、スパム行為を避け、正当な方法でサイトの評価を高めることが重要です。

ランキングが低下した原因は、スパム判定ペナルティとは限らない?

Googleは、スパムではないと報告できるようにする選択肢を検討し、自動システムの改善を進めています。これにより、誤ってスパムと判定されたサイトが救済される可能性があります。SEO対策としては、正確な情報提供とユーザーエクスペリエンスの向上を目指すことが求められます。

Googleの検索順位が下がった場合、スパム対策以外の要因も考慮し、総合的なSEO対策を実施することが重要です。広報担当者の返答を参考に、高品質なコンテンツの提供、信頼性の向上、Search Consoleの通知確認を徹底し、正当なSEO対策を継続して行うことで、検索順位の改善を目指しましょう。

掲載順位の大幅な低下についてのGoogle検索セントラルの記事は【こちら】をご覧ください。

続きを読む

「2024年5月5日に適用」と予告のあった寄生サイトの制裁をGoogleが開始 #SEO

公開日:2024年05月09日

サイトの評判の不正使用に対して、Googleはアルゴリズムと手動で対応するとのことでしたが、まずは手動から対策されたようです。アルゴリズムの対応については適用されていません。

5月5日に適用と予告のあった寄生サイトの制裁をGoogleが開始

サイトの評判の不正使用ポリシーに違反しているサイトについてですが、日本のサイトにも日本語で対策の警告メッセージが送られはじめていりるようです。また、検索順位もトップ10から圏外、また順位を大きく落としたサイトも数多く見受けられます。

なかには誤認らしき事案も発生しており、自社運営のクーポン配布サイトに警告文が届く事態が起こっているようです。
今後、アルゴリズムによるランキングシステムのアップデートが実施されれば、さらに大規模な制裁が行われると思われます。

詳しい内容は【こちら】をお読みください。

続きを読む

サイト評価の不正使用に対するGoogleの取り締まりについて #SEO

公開日:2024年04月26日

「サイト評価の不正使用」とは、本サイトと関係のない第三者が、本サイトの一部を借りてアフィリエイトサイトなどを公開することです。本サイトに対する検索エンジンの評価を悪用して上位表示するということで、「ドメイン貸し」や「寄生サイト」と呼ばれています。

この、サイト評価の不正使用に対して、Googleがどう取り締まるのかといいますと、

● スパムチームのスタッフの目視による手動対策
● 検索システムを用いた自動化対策

上記の二刀流で対策されるとのことです。

Googleは、2024年3月5日にスパムアップデートを開始しました

Googleが「サイト評価の不正使用」のスパムポリシー違反を定義付けたのは、2024年3月ですが、実際に効力を持つのは2024年5月5日からです。

これはスパムポリシー違反を認識せずにサイトの使用を第三者に許可しているサイトへの猶予期間のようです。

あなたのサイトは大丈夫かチェックしましょう。

詳しい内容は【こちら】をお読みください。

続きを読む

Google検索の「この結果について」の機能拡張「このページの詳細」が利用できるようになった #SEO

公開日:2024年04月15日

Googleの「この結果について」とは、検索結果のコンテンツを公開しているサイト情報を提供する機能です。
この機能については米国では2021年2月、日本では2022年11月に導入されています。
「この検索について」は、検索結果の右上にある縦の3つのドットメニューからアクセスできます。

この結果について(機能拡張)

「この検索について」からさらに詳しい情報を得るには「このページの詳細」から先に進みます。
ウィキペディアに掲載されている場合はその情報、SNS情報などさらに詳しく情報を得ることができます。

また、日本では「この画像について」も日本語で利用できるようになりました。

「この結果について」に関してはGoogleヘルプセンターで確認できます。

続きを読む

クロールの頻度を無理に増やしてもコンテンツの評価はあがらない #SEO

公開日:2024年04月08日

コンテンツの品質は、Googleのクロールの優先度と頻度に大きな影響を与えます。ですが、無理にクロールの頻度を増やしても、コンテンツの評価が向上するわけではありません。LinkedInでのGoogleのジョン・ミュラー氏のコメントを読み解くと、Googleが優先的にクロールするのは、そのコンテンツが良質であると認識しているからです。無理にクロールを強制しても、Googleはそのコンテンツを良質であると認識することはありません。

ここで、SEO対策において意識すべきポイントをいくつか挙げます。

1. 量より質を重視
検索エンジンで上位表示されるためには、コンテンツの量よりも質が重要です。高品質なコンテンツを提供することが、SEO対策の基本です。

・深い洞察と有益な情報:ユーザーにとって価値のある情報を提供することが求められます。
・エキスパートによる記事:信頼性のある情報源からの引用や専門知識を活かした記事が評価されます。

2. 高品質なコンテンツの提供
サイト全体の評価を向上させるためには、少数であってもすべてが高品質なコンテンツであることが重要です。

・集中と一貫性:特定のテーマに集中し、一貫性のあるコンテンツを提供します。
・詳細な解説:一つ一つの記事が詳細かつ深く掘り下げられていることが重要です。

3. クロール対象の最適化
検索エンジンが効率的に重要なコンテンツを見つけやすくするために、クロール対象のURLを最小限に抑えることを検討しましょう。

・不要なページの排除:価値の低いページや重複コンテンツはクロール対象から外します。
・内部リンクの最適化:重要なページへの内部リンクを適切に配置し、クロールしやすくします。

クロールの頻度を無理に増やしてもコンテンツの評価はあがりません

コンテンツの品質は、Googleのクロール頻度とSEO対策に直結します。量より質を重視し、高品質なコンテンツを提供することが、検索エンジンでの上位表示につながります。クロール対象を最適化し、検索エンジンが効率的に重要なコンテンツを発見できるようにすることで、サイト全体の評価を向上させることができます。これらのポイントを意識して、効果的なSEO対策を進めてみてはいかがでしょうか。

続きを読む

コアアップデートでアクセスが減少した!?Googleはどうアドバイスした? #SEO

公開日:2024年04月01日

コアアップデートの展開が続く中、アクセスが減少した場合のSEO対策について、Google検索の広報担当者がXにてアドバイスを提供しました。

「ずっと上位表示できていたコンテンツのランキングが下がって、回復の予兆もありません」という相談に対して、

・コアアップデートの完了を待つ
アップデートが完了するまで、変更を行うかどうかを判断することを推奨します。

・トラフィックのパターンを分析する
もともと上位表示できているサイトに多少の順位変動があった場合は、早急な変更を控え、トラフィックのパターンを分析することが重要です。

・アップデート展開中は慎重に
アップデートの展開中は、根本的な変更を控えることが重要です。早急な結論による変更は、必要ない可能性が高いため注意が必要です。

サイトが受けた影響に納得がいかない場合や、改良の余地があると思った際は、アップデート完了後にフィードバック用のフォームを設置予定とのことです。今後のSEO対策のためにも、フィードバックを提供することが有益でしょう。

※季節要因を踏まえたトラフィック(アクセス数)減少への対処については【こちら】をチェックしてみてください。

続きを読む

コアウェブバイタルの指標が変更され、INPがFIDと置き換わる。SEO目的の改善は? #SEO

公開日:2024年03月22日

2024年3月12日、INP (Interaction to Next Paint) が FID (First Input Delay) と置き換わって、Core Web Vitals(コア ウェブ バイタル)の指標に組み込まれた、とGoogle検索セントラルでアナウンスしました。

INPがFIDと置き換わる

SEO対策をしている方には非常に興味深いトピックかと思いますが、ランキングアップ目的でのCore Web Vitalsの改善は不要とのことでした。

ただし、今までもそうであったようにGoogleは検索結果の評価にもCore Web Vitalsを使用していますので、大きなリソースを割く必要はありませんが、数値は悪いよりも良いに越したことはありません。

サイトの順位が大きく跳ね上がることはなくても、さらなる改善に取り組むことは悪いことではありません。

詳しくは【ウェブに関する主な指標レポート】をご覧ください。

続きを読む

Googleは、2024年3月5日にスパムアップデートを開始 #SEO

公開日:2024年03月14日

今回のスパムアップデートでは3つの違反行為を追加しています。
ひとつめは期限切れドメインの悪用(Expired domain abuse)で、主に検索順位の操作のために期限切れのドメインを購入し、再利用することです。例えば、かつては非営利の医療チャリティ団体が運営していたサイトで、現在は営利の医療製品が販売されているサイトなどです。

2つめは大量生成されたコンテンツの悪用(Scaled content abuse)で、検索順位を操作するためにユーザーの役に立たないページを大量生産することです。例えば、生成AIツールを使用し、大量の価値のないページを生成することなどです。

3つめはサイト評価の悪用(Site reputation abuse)で、いわゆる寄生サイトスパムです。例えば映画レビューサイトにも関わらず「SNSフォロワーの購入方法」「おすすめの占い師サイト」などユーザーが混乱するトピックを掲載しているなどです。

ただし、ホストサイトが深く関与または監修しているコラムや、プレスリリース配信サービスのサイトなどは評価の悪用にはなりません。

サイト評価の悪用のスパムポリシーは2024年5月5日から適用されるとのことです。他の2つは適用済みです。

詳しい内容は【March 2024 spam update】をお読みください。

続きを読む

2024年3月、Googleはコアアップデートの展開を開始。大きなランキング変動がある!? #SEO

公開日:2024年03月06日

今度のアップデートについても、Googleの目的については変わらないようですが、複雑なアップデートとなりロールアウトには最大1ヶ月かかる可能性があるとのことです。
通常は2週間程度で展開が完了しますが、今回は倍の時間が見込まれています。

また、複数のコアシステムに変更が加えられるため、通常のコアアップデートよりもランキングの変動が大きくなる可能性があります。
Googleは、ランキングの変動について「検索結果に表示される質の低い、独創性のないコンテンツが40%前後減少する見込み」と評価しています。

最長1ヶ月程度かかるアップデートのため、焦らず変化を見て行くことをおすすめします。

詳しくはこちら【Our March 2024 core update】の記事をご覧ください。

続きを読む

Google-ExtendedクローラーのGoogle検索のランキングへの影響 #SEO

公開日:2024年02月29日

Googleは、Google-Extendedクローラーに関する技術ドキュメントを更新し、対象の生成AIをBardからGeminiへ変更したと告知しました。
また、「Google検索でのサイトの登録と掲載順位にGoogle-Extendedが影響することはありません」との一文がドキュメントに追記されました。
Google-Extendedをrobots.txtでブロックしても、検索でのランキングやインデックスに影響せず、Geminiの学習に利用されなくなるというだけのようです。

ちなみに日本のニュースサイトでは、日本経済新聞、読売新聞などがrobots.txtでGoogle-Extendedをブロックしていることが確認できています。

Google検索セントラルの当該ドキュメントを読んでみたい方は【こちら】からどうぞ。

続きを読む

2023年、Googleはマップの偽レビューを1億7000万件ブロックまたは削除 #SEO

公開日:2024年02月21日

偽のレビューに対処するため、Googleは新たに開発された機械学習アルゴリズムによって、マップに投稿されたコンテンツを随時分析しています。
深夜営業の食品店や、新しく出来たパン屋さんのレビューを知りたい人にもGoogleマップ検索はとても便利です。Googleマップ検索による情報は、機械学習のアルゴリズムと熟練したオペレーターによって正確性を確保しています。

このアルゴリズムは、レビューの投稿者が複数のショップなどに対して同じレビューを投稿した場合や、特定のショップ等で極端な評価のレビューが急増した場合など、不審な投稿を検出します。
レビューは公開される前に厳格な審査を受けますが、監視はそこで終わらずに不審なアクティビティがないか長期的に監視します。
2023年には、このアルゴリズムによって2022年よりも45%多くの偽レビューを削除することができました。

このアルゴリズムは、単発のケースと広範なパターンの両方を捕捉できます。詐欺レビューのパターンを継続的に分析し、機械的に特定する機能で、わずか数週間で詐欺に関連する500万件超の偽レビューを捕捉しました。

このようにGoogleは検索ユーザーが安心して信頼できる情報を得ることができるように日々進化しているのです。

読んでみたい方はこちらから【How machine learning keeps contributed content helpful

続きを読む

GoogleのSEOスターターガイドが改定された #SEO

公開日:2024年02月13日

今回は、より手軽で初心者に理解されやすくなったSEOスターターガイドについて紹介します。このガイドはSEOの専門家向けではなく、新しくWebサイトのオーナーになった人やコンテンツクリエイター向けに改訂されました。業界用語や長い説明をやめ、用語や概念を理解しやすいように説明されています。ボリュームは約半減しており、以前より読みやすくなっています。

GoogleのSEOスターターガイドが改定されました

新しく追加されたコンテンツについては、以下のようなSEO対策が含まれています。

・重複コンテンツについて
・動画の最適化
・意識する必要のないSEOのこと
・SEOの効果が現れるまでにかかる時間

これらの内容は、初心者が重要なSEO対策のポイントに集中できるように追加されました。

とても基本的なことが簡潔に書かれており、図やわかりやすいアイコンで飽きずに読み進められると思います。
興味のある方はこちらのリンク【改定版 Search Engine Optimization (SEO) Starter Guide】から見てみてください。

続きを読む
無料オンライン相談してみませんか?
無料オンライン相談してみませんか?
無料オンライン相談