「E-A-T」に新たに追加された「Experience」とは? SEO対策の最新情報解説|魔法のような集客を実現するオウンドメディア:SEO対策・ウェブ広告のPIA(ピーアイエー)

powered by PIA

カテゴリーで絞り込む
タグで絞り込む
キーワードで検索

powered by PIA

2024.01.31

「E-A-T」に新たに追加された「Experience」とは? SEO対策の最新情報解説

Googleが提唱する「E-A-T」とは、Expertise(専門性)、Authoritativeness(権威性)、Trustworthiness(信頼性)の三つの要素を指します。
これらの要素をクリアすることが、高いランキングをるための必須条件とされています。

そして2022年12月、E-A-Tに「Experience(経験)」が追加されました。では、このExperienceとは何なのでしょうか?
本記事では、Experienceの具体的な意味から必要性までを解説し、Experienceを取入れたSEO対策方法についてもお伝えします。

そもそもE-A-Tとは何か?

SEOにおいて、E-A-Tはずっと注目されています。E-A-TとはExpertise(専門性)、Authoritativeness(権威性)、Trustworthiness(信頼性)の頭文字をったもので、Webサイトの信頼性を測定する指標となっています。最近、E-A-TにExperience(経験)が追加され、SEO対策に関わる人々の間で話題になっています。Experienceの追加により、重要性が増したSEO対策の最新情報を解説します。

ExpertiseやAuthoritativeness、TrustworthinessはWebサイトのコンテンツに対する評価を示しています。Expertiseは、コンテンツの専門性がどの程度あるかを示しており、Authoritativenessは、コンテンツの信頼性が高いかどうかを示しています。Trustworthinessは、Webサイトの運営者やコンテンツの信頼性を示しています。

Experienceは、Webサイトのコンテンツに関する過去の経験を示しています。これは、Webサイトの開設者や運営者が、自身で経験したことや、専門家として手掛けたことなどが評価されます。例えば、食品ブログを運営している人が、経験から得た情報を元にコンテンツを作成している場合、それがExperienceに該当します。

これらのE-E-A-Tの要素は、Googleの検索アルゴリズムに影響を与えます。つまり、高いE-E-A-Tを持つWebサイトは、Googleの検索結果上位に表示される可能性が高くなるということです。したがって、E-E-A-Tを重視したSEO対策が求められています。

以上が、E-A-Tに新たに追加されたExperience(経験)の意味と、重要性についての解説です。Webサイトの信頼性や検索上位表示などのSEO対策に取り組む際には、E-A-Tに基づいた効果的なアプローチが必要です。

Experienceとはどのような経験か

近年、SEO対策に欠かせないE-A-T。この中で、Googleは新たに「Experience」という項目を追加しました。この「Experience」とは、具体的にどのような経験を指すのでしょうか。

一般的に、Experienceとは職歴や教育歴など、人が持つ経験全般のことを指します。しかし、Googleが求める「Experience」とは、Webサイトを運営している人たちのコアコンピタンスを示すものです。つまり、そのWebサイトを運営している人たちが、その分野にどれだけの経験を持っているかを判断する要素となります。

Googleは、Webサイトの評価において、「コンテンツの品質」「Webページの信頼性」「専門知識と主題に関する信頼性」を重要視しています。そして、この「専門知識と主題に関する信頼性」の分の判断材料として、Experienceが役立つのです。

例えば、医療系のWebサイトの場合、Webサイトを運営している人たちが医者や看護師であることが、Experienceの判断材料となります。同様に、法律系のWebサイトの場合、弁護士であることがExperienceの判断材料になります。

このように、Webページの信頼性や専門性を決定するために、Experienceが重要な要素となっているのです。Webサイトを運営している人たちが、その分野において豊富な経験を持ち、専門性や信頼性を高い水準で維持していることが、SEO対策においても重要視されています。

Experienceが必要になった理由

Googleは、E-A-T(専門性、権威性、信頼性)を重視し、高品質なコンテンツを評価しています。しかし、最近になってExperience(経験)もSEOにとって重要であることが明らかになりました。Experienceが必要な理由とその重要性について解説します。

経験を持つコンテンツが重要な理由

ユーザーがWebサイトや記事を閲覧する際、それについての経験に大きな影響を受けます。たとえば、料理のレシピを掲載しているサイトがあったとします。それが料理人の経験に基づいたものであれば、それに対する信頼性が高くなります。同じレシピが、経験のない素人の作成したものである場合、その信頼性は低くなってしまいます。

Googleは、このように、ユーザーが求める信頼性を確保するため、経験を持つコンテンツを評価しています。すなわち、経験をんだ専門家がWebサイトや記事を運営することで、ユーザーにとってより価値のある情報を提供ことができるというわけです。

ExperienceがSEOに与える影響

Experienceは、ユーザーにとって独自性、真実性、信頼性を提供することができます。Googleは、これらの要素を重視しており、これによってWebサイトや記事のランキングに影響が出る可能性があります。

すなわち、Experienceを掲載することで、コンテンツの品質が高まり、検索エンジン経由での流入ユーザーの増加が期待できるというわけです。

結論

経験は、ユーザーにとって重要な要素であり、Googleもそれを重視しています。すなわち、経験に基づいた高品質なコンテンツは、SEOにおいて重要なポイントとなると言えます。Webサイトや記事を作成する際には、経験を持つ専門家による運営を心がけ、その内容に信頼性や独自性を持たせることが求められます。

E-E-A-TにおいてExperienceの重要性とは

SEOの世界では、最新の情報を常に追い求める必要があります。Googleが掲げる指針の中でも、今回は、E-A-Tの新情報として追加された「Experience」の重要性とその意味についてご紹介します。

「Experience」とは、ユーザーがWebサイトやブログを閲覧して得られる情報や知識、体験などを指します。
簡単にいうと、あなたが提供するコンテンツが、ユーザーにとって有用で、信頼できるものであるかどうかを判断するための要素です。例えば、あなたが健康情報を提供するサイトを運営している場合、ユーザーが実際にあなたのアドバイスを実践して良い結果を得るかどうか、つまりあなたのアドバイスの信頼性が高いかどうかが、Experienceの一つの評価指標となります。

E-A-T(専門性、信頼性、権威性)は、Googleが掲げるWebページ評価の重要な指標ですが、Experienceが追加されたことにより、検索エンジンはコンテンツをよりユーザーフレンドリーにしていく方向性を強く打ち出したと言えます。つまり、Googleはユーザーの体験に重きを置くことで、より良質なコンテンツを提供することを目指しているわけです。

要するに、E-E-A-TにおいてExperienceは重要な要素となっているので、あなたは自分の提供するコンテンツがどのようなユーザー体験を提供しているかを意識し、より良質なコンテンツを提供し続けることが大切です。SEO対策において、最新の情報にアクセスすることは欠かせません。今回紹介した「E-A-T」に追加された「Experience」の情報をしっかりと把握し、より良いユーザー体験を提供するコンテンツを作り上げましょう。

Experienceを取り入れたSEO対策方法

SEOにおいてE-A-T(専門性、権威性、信頼性)は、Googleが重視している指標の一つであることは知られています。しかし、最近では新たに「Experience(経験)」追加され、SEOにおいてどのような影響を与えるのか注目されています。

Experienceが求められている理由として、ユーザーが求める情報や体験が重要視されるようになったことが挙げられます。したがって、コンテンツ作成者は、ユーザーが求める内容を正確に理解し、提供する必要があります。また、ユーザーが求める情報や体験を提供できるコンテンツに対しては、Googleが高い評価を与えるようになったのです。

さらに、Experienceを取り入れたSEO対策としては、実際に自分たちが提供するサービスや商品を体験して、自身のコンテンツに反映させることが必要不可欠です。また、ユーザーが求める情報や体験に合わせたキーワードの選定や、そのキーワードを的確に使用した見出しやテキストを作成することも重要です。

最後に、Experienceは単にユーザーの体験だけではなく、コンテンツ作成者自身の経験も重要視されます。真摯な姿勢やスキル、実績によっても、高く評価されるようになるということです。

したがって、Experienceを取り入れたSEO対策を行うことで、より多くのユーザーにリーチし、高い評価を得ることが可能になります。コンテンツ作成者としては、常にユーザー目線に立ち、適切な情報や体験を提供するように意識していくことが大切です。

 まとめ

Googleの新たな評価要素である「E-A-T」に、最近「Experience(経験)」が追加されました。このExperienceは、ユーザーに提供するコンテンツに関わるソフト面での経験を指しています。
つまり、コンテンツを作成する際に、その分野での経験や知識を持っていることが求められるということです。

なぜExperienceが必要になったのか、そしてExperienceを取り入れたSEO対策方法についても解説しました。最新のSEO情報を知ることで、検索エンジン上での競争優位性を維持しましょう。

SEOについて
詳しく知りたい方はこちら

こちらの記事もおすすめです

ページのトップに戻る