成功するSEOの鍵!ロングテールキーワードとは?|魔法のような集客を実現するオウンドメディア:SEO対策・ウェブ広告のPIA(ピーアイエー)

powered by PIA

カテゴリーで絞り込む
タグで絞り込む
キーワードで検索

powered by PIA

2023.12.20

成功するSEOの鍵!ロングテールキーワードとは?

ロングテールキーワードを活用することで、より特定のニーズを持つユーザーにアプローチすることができます。

ロングテールキーワードの種類や例、そして活用方法や注意点まで、徹底解説します。
成功するSEOの鍵であるロングテールSEOを抑えて、競合の中から脱出しましょう。

ロングテールSEOとは?

ロングテールSEOとは、競争が激しい一般的なキーワードに対し、より長い文字列やフレーズを使って特定の検索クエリに対応するSEOのことです。例えば、”本格的なカフェラテの作り方”というような、ニッチに絞ったキーワードを用いることで、自社サイトの特定のページが検索上位に表示される可能性が高くなるというメリットがあります。

ロングテールキーワードには、以下のような種類があります。

製品やサービスに関連したキーワード

例えば、「〇〇製品のレビュー」、「〇〇サービスの特徴」のような、自社の製品・サービスに関連したキーワードです。これらのキーワードを使うことで、自社の特定の製品・サービスを探しているユーザーにアクセスが集まりやすくなります。

地域に関連したキーワード

特定の地域を対象としたキーワードで、例えば「××のレストラン」、「○○の宿泊施設」などが該当します。地域に特化したキーワードを狙うことで、その地域に特化したサービスを提供する自社サイトが表示されやすくなります。

問題解消に関連したキーワード

例えば、「腰痛を改善する方法」「肌トラブルの解決方法」のような、ユーザーが解決方法を探している検索クエリを狙ったキーワードです。これらのキーワードを使うことで、自社が提供している問題解決方法にアクセスが集まりやすくなります。

 

以上のように、ロングテールキーワードはニッチに絞ったキーワードで、特定の検索クエリに対応するSEOの手法です。自社の製品やサービスに関連したキーワード、地域に関連したキーワード、問題解消に関連したキーワードなど、自社のサイトに合ったロングテールキーワードを選び、効果的なSEO対策を実施しましょう。

ロングテールキーワードの定義とは?

ロングテールキーワードとは、競合が少なく、検索ユーザーの意図に合致した長めのキーワードのことを指します。例えば、「ダイエット」だけでなく、「40代専用ダイエットメニュー」のようなキーワードがロングテールに該当します。このようなキーワードは積極的に活用することで競合に勝ち抜くことが可能です。

さらに、ロングテールには3つのタイプがあります。1つ目は「ヘッドロングテール」と呼ばれる、ジャンルの広いキーワード。2つ目「ブランドロングテール」と呼ばれ、特定のブランド名を含むキーワード。そして、3つ目が「一般ロングテール」で、直接的に商品やサービスを示すようなキーワードです。

以上のように、ロングテールキーワードは、競合が少なく効果的なSEO対策方法です。適切なロングテールキーワードの選定は、SEOにおける重要なポイントの一つであり、積極的に活用していきましょう。

ロングテールキーワードの重要性とは?

ロングテールキーワードは、短い一般的なキーワードよりも長く、特定のニーズを持ったユーザーの検索クエリに適したキーワードです。ロングテールSEOは、これらの特定の需要に合わせたキーワードを使用し、より効果的にターゲットを絞ったSEO戦略のことを指します。

ロングテールキーワードの重要性は、競合が激しい一般的なキーワードよりも、コンバージョン率を高めることができる点にあります。さらに、ユーザーの検索クエリに合わせたキーワードを使用するため、より正確な情報を提供することができます。例えば、「自作料理レシピ」ではなく、「初心者向けの自作料理レシピ」のようにより具体的なキーワードを使用することで、より関心のあるユーザーにリーチすることができます。

ロングテールキーワードには、3つの主な種類があります。1つ目は、長いフレーズを持ち、具体的な品物やブランドに関連するキーワードです。2つ目は、ローカルSEOとして知られる、地域的なニーズに関連するキーワードです。3つ目は、フレーズの最後に「レビュー」という言葉が付いたキーワードで、ユーザーが製品の評価を求めていることを示しています。

ロングテールSEOのキーワード戦略を通じて、より効果的な検索エンジンの最適化ができます。競合が激しい一般的なキーワードではなく、よりニッチで具体的なキーワードを使用し、より関心のあるユーザーにリーチして、コンバージョン率を上げることができます。

ロングテールキーワードの種類と例

まず、ロングテールキーワードとは長い単語やフレーズのことです。単語数が多いため一般的なキーワードよりも検索ボリュームは低いものの、ユーザーが求めている情報に対しての正確なマッチングができるため、質の高いトラフィックを生み出すことができます。

ロングテールキーワードには、以下のような種類があります。

情報型キーワード

「〜方法」「〜手順」「〜使い方」など、ある特定の情報について検索する場合に用いられるキーワードです。例えば、「ロングテールキーワードの使い方」というキーワードが挙げられます。

購入型キーワード

「〜価格」「〜割引」「〜購入」など、商品やサービスの購入に関する検索に用いられるキーワードです。例えば、「オーガニックコットンTシャツの価格比較」というキーワードが挙げられます。

地域型キーワード

「〜東京」「〜渋谷区」「〜近く」など、特定の地域に関する検索に用いられるキーワードです。例えば、「渋谷区の美容院」というキーワードが挙げられます。

 

以上が、ロングテールキーワードに分類される代的なキーワードの種類です。ロングテールSEOを成功させるためには、自社のサービスや商品に関する正確な情報や、ユーザーが求める情報に対して的確な答えを提供できるコンテンツを作成することが欠かせません。

ロングテールキーワードの活用方法と注意点

ロングテールSEOとは、検索ユーザーが打ち込むキーワードの中でも、長いフレーズや複合的な単語を使用し、より具体的なニーズを満たそうとする手法です。この手法により、競合の激しい単語よりも上位表示される可能性が高くなります。

ロングテールキーワードとは、例えば「犬の散歩方法」や「温泉街のホテル予約」など、検索ユーザーが打ち込むキーワードの中でも、より具体的なフレーズを指します。通常のキーワードよりも検索数が少なく、競合が少ないため、上位表示されやすく、コンバージョン率も高くなります。

ロングテールSEOの活用方法は、より具体的で細かい単語を含むコンテンツ作成や、メタディスクリプションやタイトルタグ、ヘッダータグなどにロングテールキーワードを挿入することです。

しかし、注意点としては、あまりにも具体的すぎて検索者が少ない単語を選んだ場合、アクセス数が期待できないことがある点です。また、検索対象になる範囲が狭くなるため、長期的なSEO対策となる場合があります。

ロングテールキーワードを活用すれば、競合の少ないキーワードで上位表示され、より具体的なニーズに応えることができます。ただし、適切なキーワード選定が重要であることを忘れずに、丁寧にコンテンツ作成を行いましょう。

 まとめ

以上が、ロングテールSEOについての解説でした。一般的で広く使われる単語よりも長い、より具体的なキーワードを使うことで、ユーザーの満足度を向上させ、検索エンジンでの上位表示を狙えます。

品質の高いコンテンツとロングテールキーワードの組み合わせにより、コンテンツマーケティングの成果も上がるとされています。ただし、過剰なキーワードの使用は逆効果になることもあるため、注意が必要です。

ロングテールSEOを活用して、より多くのユーザーを惹きつけましょう。

SEOについて
詳しく知りたい方はこちら

こちらの記事もおすすめです

ページのトップに戻る