SEO対策に使わないで!Googleが評価を下げる不自然なリンクの特徴|魔法のような集客を実現するオウンドメディア:SEO対策・ウェブ広告のPIA(ピーアイエー)

powered by PIA

カテゴリーで絞り込む
タグで絞り込む
キーワードで検索

powered by PIA

2023.12.13

SEO対策に使わないで!Googleが評価を下げる不自然なリンクの特徴

近年、SEO対策においてリンク設定は不可欠と言われていますが、Googleは不自然なリンクを評価せず、逆にペナルティを科しています。

きちんとしたリンク戦略を立てることが求められますが、どのようなリンクが不自然なのでしょうか?
不必要なキーワードが多用されたリンク、同じリンクが大量に送られてくる場合、関連性の低いサイトからのリンク、相互リンクなどが危険視されます。また、リンク買収や自作自演のリンクの存在も問題視され、適切な対策が求められます。

本記事では、Googleが評価しない不自然なリンクの特徴と、改善点について解説します。

不必要なキーワードの多用で埋められたリンク

不自然なリンクはGoogleがペナルティを科す対象となるため、SEO対策としては適切ではありません。その一つに、不必要なキーワードの多用で埋められたリンクが挙げられます。

Googleがリンクの評価で重視するのは、信頼性と関連性です。リンクの信頼性は、そのWebページが信頼できるサイトからのリンクであるかどうかで決まります。関連性は、リンク元のWebページのトピックとリンクの先のページのトピックが適切に関連していることを指します。そのため、不必要なキーワードを多用することにより、ページを最適化するような行為はSEO対策としては不自然に見えてしまい、逆にペナルティの対象となる恐れがあるのです。

Googleは質の高いコンテンツを提供することに力を入れています。そのため、Googleのペナルティを回避するには、プロモーションのためにあえてリンクを貼ることは控え、代わりに本来提供したい情報やコンテンツを提供することです。また、関連性、信頼性の高いサイトから自然な形でリンクが生まれるため、クオリティの高いコンテンツを提供することが最も大切です。

結論として、不自然なリンクのSEO対策は逆効果になるため、Googleペナルティを回避したいのであれば、代わりに信頼性と関連性のあるコンテンツを提供しましょう。そして、自然な形でリンクが生まれるような戦略を展開し、Googleから信頼されるサイトになることが推奨されます。

大量のサイトから同じリンクが送られてくる場合

大量のサイトから同じリンクが送られてくる場合は、Googleにスパムと見なされ、検索順位に悪影響を与える可能性があります。

改善点としては、自然なリンクを増やすことです。自社商品やサービスに関連する有益な情報を発信し、リンクを自然な形で獲得することが必要です。また、相互リンクやリンク購入は避け、サイト内リンクを最適化することで、Googleに評価される良質なコンテンツを提供することが大切です。

不自然なリンクは簡単に見つかり、Googleからペナルティを受けるだけでなく、ユーザーにとっても不快なため、絶対に避けるべきことです。自然なリンクを増やすことで、Googleから高評価を受け、良質なトラフィックを獲得することができます。

関連性の低いサイトからのリンク

関連性の低いサイトからのリンクは、Googleに評価されず不自然なリンクと認定されることがあります。

そのWebサイトのサブジェクトに合わなくても、別の内容や業種のWebサイトからリンクが貼られることがあります。これはサイトオーナーの自己顕示欲や、SEO対策上の見かけを重視している場合が多いようです。しかし、Googleはこのようなリンクを評価せず、不自然なリンクに分類します。

不自然なリンクを改善するには、まずは関連性の高いサイトからのリンクを増やす必要があります。具体的には同じ業界やジャンルの情報サイトや専門サイトなどからリンクを貼ってもらうことです。また、SNSやブログなどからリンクを貼ってもらうことで、自然なリンクを増やすことがきます。

不自然なリンクを排除することも重要です。例えば、大量の関連性の低いサイトからのリンクがある場合、これらのリンクを削減するこで改善が期待できます。また、リンク元がスパムサイトであった場合には、Googleに報告し排除するように要請することも行えます。

不自然なリンクは、SEO対策においては逆効果ともなりかねないため、適切な対処が必要です。関連性の低いサイトからのリンクは排除し、本格的なSEO対策を行うことで、Webサイトの評価向上が期待できます。

相互リンクでの繋がり

相互リンクでの繋がりはSEO対策としても効果的ですが、不自然な相互リンクはGoogleからペナルティを受ける可能性があります。

不自然な相互リンクとは、同じテーマや業種でないサイト同士のリンクや、ページ内に多数のリンクがある場合などが挙げられます。また、リンクのあるテキストが過剰にキーワードを含んでいる場合や、同じドメインからの多数のリンクが存在する場合も不自然なリンクと判断されます。

不自然なリンクはGoogleのペナルティを受けるだけでなく、閲覧者からの信頼を損ねる可能性があります。改善するには、業種やテーマが近いサイトとの相互リンクを行い、キーワードの過剰使用は避け、多数のリンクは必要最小限にとどめることが重要です。信頼性の高いサイトからの自然なリンクを得ることも、SEO対策には重要なポイントとなります。

リンク買収や自作自演のリンクの存在

リンクの買収や自作自演のリンクもGoogleはペナルティの対象にしています。

リンク買収は、他のサイトから自分のサイトに向けてリンクを作ることで、検索エンジンの評価を高めようとするものです。しかし、Googleは商業的な取引としてのリンク買収を禁止しているため、このようなリンクが検出されると、サイトの評価が下がることになります。

自作自演のリンクは、自分自身が自分のサイトに向けてリンクを作ることです。これは、サイト評価を上げるために一時的な手段としては効果がありますが、長期的に見るとGoogleが検出して評価から除外される危険性があります。

改善点としては、自然な形でリンクを作ることです。自分のサイトのコンテンツが優れていることで、他のサイトから自然にリンクを作ってもらうことができます。また、業界内の有名サイトからリンクをもらうこともSEO対策に有効です。

不自然なリンクを作ることは、一時的な手段としては効果がありますが、長期的に見るとサイトの評価に悪影響を与えてまいます。自然な形でリンクを作ることが、健全なSEO対策の基本となります。

 まとめ

以上のように、SEO対策においてリンクの重要性は高いですが、不自然なリンクは逆にペナルティを受けることにもなります。リンク設定を行う場合は、不自然なリンクを避け、関連性の高いサイトからのリンクや、自然な形でリンクを心がける必要があります。また、リンク買収や自作自演のリンクなども避け、正しいリンク戦略を立てることで、良いSEO効果が期待できます。

SEOについて
詳しく知りたい方はこちら

こちらの記事もおすすめです

ページのトップに戻る